« 争うは本意ならねど | トップページ | 南国から北国へ »

2012.07.10

Singing the Dogstar Blues


Singing the Dogstar Blues
(57,950語 YL:8.0)

「新歴史学センター」の学生であるJossは、成績優秀者として「タイムトラベラー」の候補生として選出された。センターはChoria星人のMavkelを「留学生」として招いており、MavkelのパートナーとしてJossが指名された。珍しい異星人がパートナーになったことで、少しばかりの注目を集めたJossであったが、同時に危険を招くことになる。そして、彼らがタイムトラベルの結末に見つけたものは…?

オーストラリアのタイムトラベル学校を舞台にしたSF作品です。宇宙人とタイムトラベルという組み合わせは一見面白そうですが、この作品ではちょっと消化不良の感が否めません。主役であるJossのパートナーをわざわざ宇宙人にしなくても、物語は十分成立するような気がします。物語が全般的に冗長な感じがしますし、オチも少しありきたりな感じがします。

B級を超えてちょっとC級SFっぽい作品です。

評価:★★

|

« 争うは本意ならねど | トップページ | 南国から北国へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Singing the Dogstar Blues:

« 争うは本意ならねど | トップページ | 南国から北国へ »