« 日本版Kindleの洋書の値段 (その2) | トップページ | 美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013 »

2012.11.14

The Associate


The Associate
(96,000語 YL:8.0)

25歳のKyleは、Yale大学を卒業し、弁護士として輝かしい未来が約束されているものと信じていた。しかし、謎の男Bennieに弱みを握られてしまい、世界最大規模の法律事務所に就職しながらも、そこから巨額の裁判に関する情報を横流しする「スパイ」として活動することを強要される。新米弁護士として日々の激務をこなしながら、何とか事務所を裏切らずにすむ道を探るKyleであったが、Bennieの魔の手から逃れる道はあるのか…?

John Grishamの法律サスペンスです。とは言っても法廷シーンなどはありません。大学を出たばかりの新米弁護士の日常が描かれているのがなかなか面白かったです。ドキュメントのレビューというあまり生産的でない仕事に多くの時間を費やすとか、クライアントへの請求額に直結する勤務時間の長さを互いに競い合ったりするとか。

ただ、ストーリーとしてはかなり消化不良ですね。サスペンスとしてはそれなりに楽しめますが、結局黒幕が誰なのかが分からないまま物語が完結してしまいますし。"The Appeal"同様、「もう少しオチは何とかならんかったんかい」と思ってしまう作品です。

評価:★★

|

« 日本版Kindleの洋書の値段 (その2) | トップページ | 美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Associate:

« 日本版Kindleの洋書の値段 (その2) | トップページ | 美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013 »