« Kindle PaperWhite購入! | トップページ | 2012年総括 »

2012.12.28

The Bodies Left Behind


The Bodies Left Behind
(120,000語 YL:9.0)

その日、非番だった警察官Brynnは、不審な電話の原因を探るべく、とある湖畔の別荘へ向かった。そこで彼女が目にしたものは、弁護士であるFeldman夫妻の射殺された姿であった。そして2人組の犯人HartとLewisに遭遇した彼女は、夫妻の友人であるMichelleと共に森の中に逃げ込む。知恵を絞ってなんとか追手を欺こうとするBrynnであったが、逃避行の末に彼女は意外な真実にたどり着く…。

Jeffery Deaverのサスペンス作品です。非常に良くプロットの練られた作品だと思います。夜の森の中で追われるBrynnと追うHartの頭脳戦もなかなかにスリリングですし、次から次へといろんな危機が迫ってくるので、目の離せない展開です。事件の真相も、物語の最初に想像していたのとは全く異なるものでした。どんでん返し的な展開が好きな人にはお勧めの作品ですね。

評価:★★★

|

« Kindle PaperWhite購入! | トップページ | 2012年総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Bodies Left Behind:

« Kindle PaperWhite購入! | トップページ | 2012年総括 »