« One Piece (Vol.13) | トップページ | Harry Potter and the Half-Blood Prince (再読) »

2013.09.24

Heart of a Samurai


Heart of a Samurai
(45,000語 YL:4.5)

漁に出ていたManjiro達は嵐にあい、無人島に漂流する。飢えと渇きに苦しむ彼らを救ったのは、アメリカの捕鯨船Howlandの船長Whitfieldだった。Manjiroは船長とともにアメリカ本土に渡る決意をする。そこで彼が見たものは、日本とは全く異なる世界だった…。

幕末にアメリカに渡った青年、ジョン万次郎の物語です。身分の低い漁師に過ぎなかった彼が、アメリカに渡り、多くのことを学んで日本に戻ってきて侍となり、幕末の日本に大きな影響を与えるという信じられない人生を送る姿を描いています。彼の人生はまさに激動の一言ですが、いろんな問題に直面する度に、何が一番大切かを一生懸命考える姿が印象に残りました。そもそも好奇心が強く、勉強熱心だったようですね。日本語の読み書きもできないのに、船上で英語でコミュニケーションがとれるようになるなんて、ほんとうにすごいです。

作品中では文章だけでなく、幕末当時の写真やイラストなども添えられており、非常に楽しめます。万次郎本人の手による絵なども掲載されていて、興味深いですね。日本語で説明も添えられているのですが、"Half-dollar"は「ハスダラ」、"Steamboat"は「シチンホール」など、英語のカタカナ表記が面白いです。日本人が読んで楽しめる洋書ですね。ニューベリー賞受賞も納得する作品です。

評価:★★★★

|

« One Piece (Vol.13) | トップページ | Harry Potter and the Half-Blood Prince (再読) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35618/58259952

この記事へのトラックバック一覧です: Heart of a Samurai:

« One Piece (Vol.13) | トップページ | Harry Potter and the Half-Blood Prince (再読) »