« Neon Genesis Evangelion (Vol.1) | トップページ | 美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2014 »

2013.12.28

Neon Genesis Evangelion (Vol.2)


Neon Genesis Evangelion (Vol.2)
(5,000語 YL:4.0)

嫌々ながらもEvangelionのパイロットとしてAngelと戦っていたShinjiであったが、戦闘中の命令違反を上司であるMisatoに咎められ、失踪する。すぐにNERVに連れ戻されたものの解雇されてしまったShinji。その後を追いかけるMisatoは、Shinjiに何を告げるのか…?

エヴァンゲリオンの第2巻です。TojiやKensukeなど、NERVとは関係の無い一般市民(クラスメート)が登場してきて、1巻とは少し展開が違いますね。キャラクターとしては、Tojiがやっぱり面白いですね。言いたいことは言うし、言わなくても顔に出てしまうという非常にストレートで分かりやすい性格です。自分の中に閉じこもって何を考えているんだか分からないShinjiとは非常に対照的ですね。Tojiのような人がShinjiを見るとイライラするのも分かるような気がします。

ストーリー的には思いのほか戦闘シーンが少なく、キャラクターの描写に多くのページが割かれているように思います。このあたりの人間臭さみたいなものが、作品の魅力なのかな。

評価:★★★

|

« Neon Genesis Evangelion (Vol.1) | トップページ | 美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Neon Genesis Evangelion (Vol.2):

« Neon Genesis Evangelion (Vol.1) | トップページ | 美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2014 »