« Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3)
| トップページ | Tiger's Curse (Tiger Saga Book 1) »

2014.10.02

Maggot Moon


Maggot Moon
(31,057語 YL:5.0)

HectorはStandishの唯一の友達。そのHectorが、塀の向こうに飛んで行ってしまったボールを取りに行って、戻ってきてから様子がおかしい。何か塀の向こうにあったらしい。ほどなくしてHectorの一家が忽然と消えてしまう。そして塀の向こうから新たにやってきたのは…月面宇宙飛行士?

月面着陸をめぐる陰謀を描いた作品ですが…、ちょっと物語が支離滅裂すぎてついていけませんでした。そもそも物語の前半は後半とほとんど関係の無い描写ばかりです。無駄に残酷なシーンがあったり、気持ち悪い挿絵も自分はちょっと受け付けませんでした。「月面着陸陰謀説」というそれなりに面白い題材を扱っているのだから、もうちょっとなんとかならんかったんかいなという感じです。児童書のようなのですが、子供が読んで面白いと思うとはとても思えませんし、子供に読ませたいとも思いません。

評価:★

|

« Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3)
| トップページ | Tiger's Curse (Tiger Saga Book 1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Maggot Moon:

« Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3)
| トップページ | Tiger's Curse (Tiger Saga Book 1) »