« Maggot Moon | トップページ | 夜会 Vol.18 橋の下のアルカディア »

2014.10.29

Tiger's Curse (Tiger Saga Book 1)


Tiger's Curse
(126,285語 YL:6.0)

Kelseyは夏休みに、短期のバイトでサーカスの手伝いをすることになった。そこで雑用や動物たちの世話をしている間に、一頭の白い虎、Renに出合う。何故かその虎に惹かれていくKelsey。しかしその後、彼女はその虎が呪われたインドの王子であることを知り、その呪いを解くために様々な困難に向かうことになる…。

ちょっと珍しいインドを舞台にしたファンタジーです。構成としてはロマンスとアドベンチャーが7:3くらいですかね。1日に少しだけ人間の姿に戻れるRenとKelseyのやりとりの描写に多くのページが割かれています。Kelseyの立場としては「ごく平凡なティーンエイジャー女子の自分を、優しくて勇敢で超イケメンなプリンスが好きになって迫ってきてくれるんだけど、悲しいかな後で傷つくのが怖いから彼を素直に受け止められない」みたいな感じかな。残念ながら自分はこの作品の主要読者層とは異なっているのでKelseyに共感とか感情移入とかは無かったですね。でも「ゴージャスな屋敷に宿泊して、キレイな服を着て、イケメン王子に言い寄られて、時々スリル満点の大冒険をする」という構図は、やっぱり世の女性の方々の最大公約数的なストライクゾーンなのかなあ。

評価:★★★

|

« Maggot Moon | トップページ | 夜会 Vol.18 橋の下のアルカディア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tiger's Curse (Tiger Saga Book 1):

« Maggot Moon | トップページ | 夜会 Vol.18 橋の下のアルカディア »