« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.30

2014年総括

2014年も暮れようとしております。今年は20冊、約130万語の洋書を読みました。いろいろ忙しいなどと言い訳しつつ、月に10万語程度のスローペースになってしまいました。1日1万語を目標にしていた頃もあったのですが、なかなか難しいですねぇ。もう少し簡単な本を読むとかやってみようかな。

今年の個人的3大ニュースは、こんな感じです。

1. 英語の発音レッスン開始
2. 海外渡航(英国、ポーランド)
3. 多読10周年

今年から始めた英語の発音レッスンでは、新しい発見の連続で、普段自分がいかにいい加減に英語を話しているかを思い知らされました。来年はもっともっと精進しようと思います。

あと海外渡航ではポーランドでアウシュビッツ強制収容所を見学したり、約6年ぶりにプレミアリーグを観戦したり、ロンドンでミュージカルを鑑賞したりとか、いろいろと貴重な体験をすることができました。特にプレミアでは、初めてゴールの歓喜を味わうことができました。

多読10周年も個人的には大きな出来事なのですが、最近時間を作るのがヘタクソになってきて、なかなか読書が進まないのが課題です。まずは以前のように1日に7~8,000語くらいは読めるようにするのが来年の目標かな。

それでは皆さん、よいお年を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.29

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2015


美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2015

年の瀬なので、来年用の手帳を購入しました。今回も「美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳」です。これで3年目。自分が望む「B6、方眼、見開き1週間バーチカル」の要件を満たす手帳は、相変わらずこの手帳しかなさそうです。結局、消去法により選んだ手帳なので、この手帳の「ココが好き!」という部分をうまく挙げることはできません。でも、付き合いも3年目となると、「もしかしたら、自分はこの手帳のことがすごく好きなのかもしれない…」と何だか妙な心境の変化を感じる今日この頃です(笑)。たまにはちょっと他の手帳にも浮気してみたいと思いつつ(笑)、しばらくこの手帳とのお付き合いが続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.22

Wicked


Wicked

ロンドンで観たミュージカル"Wicked"が素晴らしかったので、サウンドトラックも聴いてみました。

CDを聴いて初めて知ったのですが、ブロードウェイのオリジナルキャストで、主人公のエルファバを演じたのは、あの「アナと雪の女王」でエルサを演じたイディナ・メンゼルさんだったのですね。アナ雪同様、伸びやかでパワフルな歌声は素晴らしく、目をつぶるとミュージカルの各シーンが浮かんできます。特に、メインテーマでもある"Defying Gravity"なんかは鳥肌ものです。

そう言えば「アナ雪」と"Wicked"って、結構共通点があるような気も。どちらも性格的に正反対の2人の女の子が主人公だし。エルサもエルファバも、生まれ持った能力のために人から恐れられて、追われる身になるし。あと、自分が観たロンドンバージョンでは、"Let it go"という台詞でちょっと笑いを取っていたような。エルファバとグリンダが何かを取り合っている場面で、「最近何回も聴いたかもしれないけど、Let it go!(放しなさいよ!)」とか言っていたような気がします。

評価:★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.20

Jリーグ再建計画


Jリーグ再建計画

来年度から2ステージ制となるJリーグですが、何故そのような改革が必要になったのかなど、Jリーグが抱える様々な問題とそれに対する取り組みについて述べた本です。

データによると、現在Jリーグは多くの人達にとって魅力的なコンテンツではないというのが現状だそうです。スポンサーがつかない、地上波で放送されない、全試合放送しているスカパーは赤字…。そして優秀な選手や莫大な放映権料、そしてテレビのスポーツニュースのサッカー枠は全て欧州主要リーグに持っていかれてしまうという構造。そのような構造から脱却するために「2ステージ制にして、優勝が決まる試合の頻度を増やす」ことにしたということだそうです。苦渋の決断だったと思うのですが、Jリーグはまだできてから20年。まだまだ人々の興味(つまり、お金や時間)を集める努力をし続けないと、持続していけない構造であるということを教えてくれます。

その中で、アジアの国々のクラブとの提携というアプローチは興味深いですね。東南アジアなどの海外で、Jリーグというコンテンツが今後どれだけ価値を高められるかという部分は興味深いです。個人的には、Jリーグクラブへの外資参入を認めてもいいんじゃないかな、と思います。突然海外の大富豪がオーナーになって、生え抜き選手をバッサリ切ってスター選手ばかり集めてくるようなチームが出てくるかもしれませんが、それでも大きな話題になるのではないでしょうか。もっとも、イングランドのプレミアリーグの担当者に成功の秘訣を聞いたら「外資開放したこと」と答え、ドイツのブンデスリーガ担当者に同様の質問をしたら「外資開放をしなかったこと」と答えたそうで…。スポーツビジネスの世界は難しそうですね(笑)。

評価:★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.13

ヒースロー大混乱

P1020070

予定ならばすでに日本にたどり着いていたはずなのですが…。まだフランクフルト空港にいます。

昨晩、ヒースロー空港のコンピュータ障害とかで、飛行機の発着が大幅に乱れました。自分はロンドンから日本への直行便ではなく、フランクフルト経由のフライトを予約していました。で、ヒースロー出発が2時間遅れた結果、乗継便に乗れずに、フランクフルトで一泊するはめになってしまいました。しかもホテルへのシャトルバスもなかなか来なくて、ホテルに着いたのは日が変わった後でした。

ニュースで見たところ、昨日のヒースローの上空は降りられない飛行機で、地上は離陸できない飛行機で埋まっていたようですね。影響を受けたみなさん、お疲れ様です。

今日は本当に日本に帰れるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.12

明日、帰国です。

ロンドンでの用事もほとんど終了しました。明日帰国します。10日程の滞在でしたが、仕事でもその他の部分でも、非常に充実した滞在となりました。今回初めて会った人とも、以前に会って再会した人とも、またこの国で会えるといいなぁ。

最終日の夜は一人で打ち上げ。ビール"London Pride"で乾杯でございます。

P1020054

さて、ホテルで荷造りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.10

ロンドンでミュージカル

昼間の用事を終えて、夜に空き時間ができたので、ロンドンでミュージカルを観ることにしてみました。お目当ては、ヴィクトリア駅すぐ隣のアポロ・ヴィクトリアで公演中のWICKEDです。

続きを読む "ロンドンでミュージカル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.08

ロンドンからホグワーツへ

今日は日曜日でオフだったので、ロンドンからワーナーブラザーズスタジオの"The Making of Harry Potter"を見に行きました。ハリポタ映画のセットや小道具をそのまま展示する施設だそうで、ハリポタファンなら必見ですね。

続きを読む "ロンドンからホグワーツへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.07

6年ぶりのプレミアリーグ

週末の空いた時間を利用して、久しぶりにプレミアリーグを見に行くことにしました。前回行ったのは2009年の2月なので、かれこれ約6年ぶりです。前回はアーセナルでしたが、今回はニューカッスル対チェルシーです。今期ここまで無敗で来ているチェルシーをホームに迎え、中位にいるニューカッスルがどこまで戦えるのかに注目です。

続きを読む "6年ぶりのプレミアリーグ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.05

シークレットサンタ in UK

20141203_153908

というわけで、無事英国に着きました。

続きを読む "シークレットサンタ in UK"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.02

また英国へ

20141202_214735

というわけで、また少しの間、イギリスに行ってきます。今年2回目の渡英です。

羽田空港もクリスマスっぽいイルミネーションですね。そう言えば年末のイギリスって行ったことなかったな。クリスマス間近のロンドンはどんな感じかな。ちょっと楽しみ。

英語の発音も勉強し始めてから約1年。少しは成果が実感できればいいのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »