« 2014年総括 | トップページ | 2,500万語通過しました!! »

2015.01.01

Soulless (Alexia Tarabotti Novel Vol.1)


Soulless
(92,171語 YL:9.0)

突然吸血鬼に襲われ、逆にその吸血鬼を傘で刺して殺してしまったAlexia。その後彼女は何度となく命を狙われる。これは最近発生している吸血鬼失踪事件と関係しているのか?狼男のMaccon卿と一緒に事件の真相を探るうちに、人々の知らないところで大きな陰謀が企てられていることを突き止める…。

19世紀のロンドンを舞台にしたファンタジー作品です。吸血鬼や狼男などがロンドンの社会で普通に暮らしているという設定はなかなかユニークですね。また、主人公のAlexia Tarabottiが、吸血鬼や狼男などの能力を無力化する"preternatural"という存在であるという特徴も、本作品を面白くする要素です。AlexiaとMacconのロマンスも注目ポイントです。ただ、ストーリー的には前半がスローな展開でちょっと退屈です。後半で事件の真相に迫るあたりは面白くなってきますけどね。あと、英語はかなり難しいです。知らない単語がこれでもかというくらい出てくるので、正直読むのはかなりつらかったです。

評価:★★★

|

« 2014年総括 | トップページ | 2,500万語通過しました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Soulless (Alexia Tarabotti Novel Vol.1):

« 2014年総括 | トップページ | 2,500万語通過しました!! »