« Eragon (Inheritance, Book 1) (再読) | トップページ | Eldest (Inheritance, Book 2) »

2015.02.17

もしもネイティブが中学英語を教えたら


もしもネイティブが中学英語を教えたら

微妙な英語のニュアンスの違いについて紹介するテキストです。"I will"と"I'll"、must, have to, need toの微妙な違いなどについて紹介してくれます。確かに、自分はこれらを普段区別して考えることはあまりありませんでした。読んでみるといろいろ発見がありました。

その一方で、仮定法など日本の高校でも習いそうな内容も入っています。どちらかと言うと、「もしもネイティブが高校英語を教えたら」みたいなものがあったらもっと面白かったかも。

評価:★★★

|

« Eragon (Inheritance, Book 1) (再読) | トップページ | Eldest (Inheritance, Book 2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もしもネイティブが中学英語を教えたら:

« Eragon (Inheritance, Book 1) (再読) | トップページ | Eldest (Inheritance, Book 2) »