« もしもネイティブが中学英語を教えたら | トップページ | スペイン行ってきます。 »

2015.03.08

Eldest (Inheritance, Book 2)


Eldest
(212,195語 YL:7.5)

Alagaesiaを手中に収めるGalbatorixに対抗すべく、反乱軍Vardenのもとに身を寄せていたEragonであったが、怪物Urgalの奇襲により、VardenのリーダーAjihadと、これまで旅を共にしてきた友人Murtaghを失ってしまう。強大なGalbatorixの帝国に対抗する力をつけるために、EragonはパートナーのドラゴンSaphiraとともに、エルフの住むEllesmeraへと修行の旅に出る…。

Inheritanceシリーズの第2巻です。第1巻はEragonの旅がメインでしたが、今回はEragonと、離れ離れになった従兄のRoranのストーリーが交錯します。Eragonはドラゴンライダーとしての修業を続ける中で、どんどんと変化・成長していきますが、Roranの方は村人たちを引き連れての苦難の行進が続きます。どちらかというと、厳しい状況の中で様々な苦しい選択をするRoranのストーリーの方に、感情移入してしまいますね。

なかなかに長いストーリーですが、後半のバトルシーンは迫力があって読み応えがあります。物語の最終盤で「衝撃の事実」が明らかになるなど、次作にも期待が持てる展開です。

評価:★★★

|

« もしもネイティブが中学英語を教えたら | トップページ | スペイン行ってきます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eldest (Inheritance, Book 2):

« もしもネイティブが中学英語を教えたら | トップページ | スペイン行ってきます。 »