« I AM ZLATAN
ズラタン・イブラヒモビッチ自伝
| トップページ | 日産スタジアム ワールドカップツアー »

2015.09.17

Tiger's Destiny (Tiger Saga Book 4)


Tiger's Destiny
(131,880語 YL:6.0)

宿敵Lokeshに捕われてしまったKelsey。RenとKishanは何とか彼女を救い出すが、Lokeshの魔の手はKelseyに忍び寄る。Lokeshを倒すため、女神Durgaの最後の秘宝、炎のロープを手に入れたKelseyであったが、それは意外な世界への入り口だった。そこで再びLokeshと対峙する彼女の運命は…?

Tiger's Curseシリーズの最終巻です。相変わらずのロマンス全開ですが、今回はLokeshを倒すのに忙しい(?)ので、あまりイチャイチャラブラブしている暇がありません。そういう意味では、シリーズの中で一番ファンタジーっぽい感じがします。

最後の対決もそれなりの大掛かりな舞台が用意されて盛り上がります。これまでKelsey達を助ける立場の女神Durgaの意外な秘密も明らかになり、ストーリー的にもシリーズ最大に盛り上がってくれます。そして一番重要な、RenとKishanの間をフラフラしていたKelseyが、どちらをどのように選ぶかという点についても、それなりに納得のいく落としどころをつけているように思います。

評価:★★★

|

« I AM ZLATAN
ズラタン・イブラヒモビッチ自伝
| トップページ | 日産スタジアム ワールドカップツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tiger's Destiny (Tiger Saga Book 4):

« I AM ZLATAN
ズラタン・イブラヒモビッチ自伝
| トップページ | 日産スタジアム ワールドカップツアー »