« The Decline and Fall of IBM: End of an American Icon? | トップページ | Wonder »

2016.02.14

Digital Fortress


Digital Fortress
(100,756語 YL:7.0)

米国の諜報機関National Security Agency(NSA)はTankadoという男から脅迫を受けていた。NSAとそれが持つ秘密の暗号解読用スーパーコンピューターCryptoの存在を世に公にしなければ、「絶対解読不可能な暗号アルゴリズム」をばら撒いてCryptoを無力化してやると。そのアルゴリズムの謎を解くために休日に突如呼び出された暗号エンジニアのSusan。そして暗号を解くためのパスワードを手に入れるためにスペインへと渡ったSusanの婚約者David。しかし、Tankadoが心臓麻痺で急死したことにより、自体は世界中を揺るがす大事件へと発展していく…。

米国諜報機関における、暗号をめぐるサイバー戦争を描いた作品です。様々な登場人物の思惑が複雑に交錯して進んでいくストーリーが見事ですね。主人公のSusanは目の前の事態にオロオロしてばっかりで、あまり事件の解決に役に立っているようには見えないのですが、「天才暗号家」というよりは、読者の分身としてストーリーに入り込んでいるという立場に見えますね。ちなみに作者は「ダ・ヴィンチ・コード」のダン・ブラウンさんです。この人、暗号ネタ好きなんですかね。最後の最後まで「隠された暗号の秘密」への攻防が続きます。問題は難しくても、答えは非常にシンプルというところも、きれいにまとまっていていいですね。

英語は大人向け小説としては割と平易な部類に入ると思います。日本語の部分でちょっとおかしい間違いがあるのはご愛敬(幸運を呼ぶ7人の神様のことをShichigosanと呼んだり(笑))。

評価:★★★★

|

« The Decline and Fall of IBM: End of an American Icon? | トップページ | Wonder »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Digital Fortress:

« The Decline and Fall of IBM: End of an American Icon? | トップページ | Wonder »