« The Casebook of Sherlock Holmes | トップページ | 2017年総括 »

2017.12.29

Origin (Robert Langdon Book 5)


Origin
(135,000語 YL:8.0)

Robert Langdon教授は、かつての教え子、天才科学者Edmond Kirschが「世界的大発見」の発表を行う会場のGuggenheim美術館にいた。そこでKirschは「我々はどこから来たのか?我々はどこへ行くのか?」という問いに対する大発見についての説明を始めた。しかし事件が発生し、彼の発見は謎に包まれてしまう。謎の真相を突き止めるため、Langdon教授と美術館の館長Ambra Vidalは、バルセロナの街を駆け巡る…。

Robert Langdon教授シリーズの第5弾です。今回の舞台はスペイン、バルセロナ。Langdon先生が美女と一緒に謎解きのために観光名所を走り回るというのはお決まりの展開。人工知能がクローズアップされていることもあり、今作はサスペンスというよりはSFテイストが強いですね。科学対宗教という構図で見ると、1作目の”Angels & Demons”に通じるものが多いような気がします。

評価:★★★★

|

« The Casebook of Sherlock Holmes | トップページ | 2017年総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Origin (Robert Langdon Book 5):

« The Casebook of Sherlock Holmes | トップページ | 2017年総括 »