« 2017年総括 | トップページ | Birth of a Killer (再読)
(The Saga of Larten Crepsley, Book 1) »

2018.01.16

The Last Child


The Last Child
(143,000語 YL:7.0)

Johnnyは1年前に誘拐された双子の妹Alyssaを探していた。そんな中、彼の目の前で交通事故が起きる。事故にあった男が最後に残した言葉は「女の子を見つけた…。」この男はAlyssaの居場所を知っており、口封じのために殺されたと信じるJohnnyは、怪しい人物を次々に捜査していくが、果たして真相を知っているのは誰なのか…?

女の子の誘拐事件の真相に迫るサスペンスです。次々に怪しい容疑者が浮かんでは消え、最後の最後まで物語がどう転がるのか分からない、スリリングな展開が続きます。結末も意外性が高く、しっかりプロットの練られた良作サスペンスです。

評価:★★★

|

« 2017年総括 | トップページ | Birth of a Killer (再読)
(The Saga of Larten Crepsley, Book 1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35618/66283080

この記事へのトラックバック一覧です: The Last Child:

« 2017年総括 | トップページ | Birth of a Killer (再読)
(The Saga of Larten Crepsley, Book 1) »