« Birth of a Killer (再読)
(The Saga of Larten Crepsley, Book 1)
| トップページ | Wherever You Go, There You Are »

2018.02.04

Once Upon Stilettos
(Enchanted Inc., Book 2)


Once Upon Stilettos
(94,830語 YL:7.0)

魔法株式会社MSIのR&D部門に侵入者が。どうやら内部にスパイがいるらしい。CEOのアシスタントを務めるKatieは調査を命じられるが、その調査で重要な彼女の能力「魔法耐性」がいつの間にか無くなっていた。いつ魔法で攻撃されてもおかしくない状況で、Katieは犯人を突き止めることができるのか…?

Enchanted Inc.シリーズ第2弾です。会社に侵入したスパイの調査をしたり、魔法耐性が無くなったり、両親がN.Y.にやってきたり、同僚に振られたり突然モテたりでなんだかとてつもなく忙しいKatieですが、メインの読みどころはやっぱり恋愛パートですね。なんだかんだ言って、結局手の届かないOwenのことを一途に想い続けるKatieが何とも可愛いです。

評価:★★★

|

« Birth of a Killer (再読)
(The Saga of Larten Crepsley, Book 1)
| トップページ | Wherever You Go, There You Are »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35618/66358578

この記事へのトラックバック一覧です: Once Upon Stilettos
(Enchanted Inc., Book 2)
:

« Birth of a Killer (再読)
(The Saga of Larten Crepsley, Book 1)
| トップページ | Wherever You Go, There You Are »