« Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3) (再読)
| トップページ | A Street Cat Named Bob »

2018.03.23

Brothers to the Death
(The Saga of Larten Crepsley, Book 4)


Brothers to the Death
(45,773語 YL:5.0)

第二次世界大戦中、ヴァンパイアの力を戦争に利用しようとするナチス。彼らを欺くためにLartenは旅を続けるが、その任務の間に愛するAliciaがVampanizeに殺されてしまう。復讐に燃えるLartenは、Vampanizeの殲滅のためにヴァンパイア一族を扇動するのだが…。

The Saga of Larten Crepsleyの最終巻です。数百年にわたり、つかの間の幸せと多くの悲痛な悲しみを味わってきたLartenが、Cirque Du Freakに戻り、Darren Shan本編へと続くまでの物語です。

評価:★★★

|

« Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3) (再読)
| トップページ | A Street Cat Named Bob »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35618/66527234

この記事へのトラックバック一覧です: Brothers to the Death
(The Saga of Larten Crepsley, Book 4)
:

« Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3) (再読)
| トップページ | A Street Cat Named Bob »