« Ocean of Blood
(The Saga of Larten Crepsley, Book 2)(再読)
| トップページ | Brothers to the Death
(The Saga of Larten Crepsley, Book 4) »

2018.03.13

Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3) (再読)


Palace of the Damned
(43,135語 YL:5.0)

The Saga of Larten Crepsleyの第3巻を再読。パリに移り住んで、愛する女性との一時の幸せに包まれるLarten。しかしヴァンパイアの彼にそんな幸せは長くは続かない。人間とヴァンパイアの出会いと別れ、そして数々の苦悩を描いた一作。

評価:★★★

|

« Ocean of Blood
(The Saga of Larten Crepsley, Book 2)(再読)
| トップページ | Brothers to the Death
(The Saga of Larten Crepsley, Book 4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3) (再読)
:

« Ocean of Blood
(The Saga of Larten Crepsley, Book 2)(再読)
| トップページ | Brothers to the Death
(The Saga of Larten Crepsley, Book 4) »