« Wherever You Go, There You Are | トップページ | Ocean of Blood
(The Saga of Larten Crepsley, Book 2)(再読) »

2018.03.01

The Girl Who Drank the Moon


The Girl Who Drank the Moon
(83,254語 YL:6.0)

毎年、町から森に一人の子供が捨てられる。それを毎年拾って育てていた魔女のXan。しかし今年拾った女の子に、誤って「月の光」を飲ませてしまった。そのため、その女の子Lunaからは魔法があふれ出るようになってしまった。制御のきかない魔力に危険を感じたXanは、Lunaの魔力を閉じ込めるのだが…。

魔女の怒りを静めるために、毎年子供を犠牲として捧げる街人。それとは知らずに毎年捨てられた子供を拾って育てる魔女Xan。そして捨てられた子供とその母親、さらには人の悲しみを食い物にする本当の魔女…。いろんな立場の登場人物の想いが交錯するファンタジーです。大切な人を想う気持ちが、様々なかたちで描かれています。

|

« Wherever You Go, There You Are | トップページ | Ocean of Blood
(The Saga of Larten Crepsley, Book 2)(再読) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Girl Who Drank the Moon:

« Wherever You Go, There You Are | トップページ | Ocean of Blood
(The Saga of Larten Crepsley, Book 2)(再読) »