« The Lock Artist | トップページ | Demon Apocalypse
(The Demonata: Vol.6) »

2018.08.17

What Happened


What Happened
(146,450語 YL:9.0)

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン氏の回顧録。彼女が米国を導くべく、どのように戦って、そして敗れたのかを回想しています。家族や友人、仲間達や支持者との心温まるエピソードが溢れる一方で、トランプ氏や彼と繋がりがあると考えられているロシア、そしてクリントン氏の私用メール問題ばかりを取り上げたマスコミに対しては非常に辛辣な意見を述べています。

政治家がどんなに崇高な未来を描いていたとしても、選挙中に聞こえるのが相手の中傷合戦というのは、虚しい現実を突きつけられているような気がします。経済や雇用、安全保障や差別、環境などいろんなことを考えなければいけない時に、有権者に聞こえてくるのは「ヒラリーは嘘つきだ。私用メールが公開されたらすぐに逮捕されるに違いない」とか「トランプは女性蔑視でロシアと繋がっている。大統領の資質はない」という話ばかりで、結局は「アイツに投票するとヤバいから自分に投票してくれ」という話ばかりですね。日本でも「〇〇政治を許さない」という声を上げている人は多いけど、その人達がどんな日本の未来を描いているのかはよく分かりません。有権者の側が、しっかりと情報を収集し、賢い選択をしなければならないと感じます。

「ガラスの天井」を破るべく戦い、そして大きな敗北を喫した一人の女性の物語として、十分な読み応えがあります。

評価:★★★★

|

« The Lock Artist | トップページ | Demon Apocalypse
(The Demonata: Vol.6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35618/67067305

この記事へのトラックバック一覧です: What Happened:

« The Lock Artist | トップページ | Demon Apocalypse
(The Demonata: Vol.6) »