« Less | トップページ

2018.09.16

Carbs & Cadavers (A Supper Club Mystery, Book 1)


Carbs & Cadavers
(63,440語 YL:6.0)

離婚や母親の他界など、つらい出来事が続き、大学教授から故郷の図書館司書になったJames。肥満気味の彼は、街の住民4人と一緒にダイエットクラブFlab Fiveを結成し、減量メニューの実践に励む。そんな中、プレイボーイのBrinkleyが薬物で殺害されるという事件が発生。Flab Fiveのメンバーであり、警察官のLucyとともに、James達も事件の真相究明に取り組むのだが…。

A Supper Club Mysteryの第1巻です。いわゆるコージーミステリですね。主役は肥満の中年男女5人のグループで、事件よりも食べ物に関する描写が多いです。殺人というシリアスな事件にも関わらず、ユーモラスな雰囲気で話が進みます。読んでいるとお腹がすいてくるので、ダイエット中の人は読まない方がいいかも(笑)。

評価:★★★★

|

« Less | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35618/67174106

この記事へのトラックバック一覧です: Carbs & Cadavers (A Supper Club Mystery, Book 1) :

« Less | トップページ