2017.03.18

The Hobbit


The Hobbit
(93,352語 YL:9.0)

穏やかな暮らしを送っていたホビットのBilbo。しかしそこに13人のドワーフと魔法使いGandalfがやってきて、恐ろしいドラゴンSmaugに奪われた財宝を取り戻す旅に出ることになる。エルフやゴブリンなど、様々な敵と遭遇しながら進む中、Bilboが偶然見つけた1つの指輪が、彼と仲間の運命を大きく変えることになる…。

J.R.R.Tolkienの「指輪物語」のプレストーリーです。あまり頼りにならないドワーフ達に囲まれて、「何で自分がこんな目に…」と思いながら必死に考えて苦難を切り抜けていくBilboの姿が何ともユーモラスですね。ファンタジーとしてはちょっと難易度が高い部類に入るかもしれませんが、様々なファンタジー作品に影響を与えた作品として、頑張って読んでみる価値は十分あると思います。


評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.04

Prince Caspian
(The Chronicles of Narnia)(再読)


Prince Caspian
(44,740語 YL:7.0)

ナルニア国物語第2巻を再読。カスピアン王子の角笛に召喚されて、再びナルニアへ降り立つ4兄弟の物語。戦うために召喚されるなんてまるでポケモンのよう(笑)。

第1作ではちょっと憎まれ役だったエドムンドが、妹のルーシーに優しくなっているのが意外。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

The Marvelous Land of Oz


The Marvelous Land of Oz
(41,000語 YL:6.5)

魔女Mombiのもとで働かされていた少年Tip。彼はMombiを驚かせるために、カボチャ頭の人形を作る。しかしMombiはそのカボチャ頭に魔法で命を吹き込む。何とかMombiのもとから逃げ出そうと考えたTipは、カボチャ頭と共にエメラルドシティーに向かうのだが、そこへ大きな危険が迫っていた…。

オズの魔法使いの続編です。カカシやブリキ人形という前作でもお馴染みのキャラに加え、カボチャ頭や木馬など、ユニークな新キャラも登場して、にぎやかな旅が進みます。でもストーリーがちょっと淡々と進みすぎるかな。

評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.11

Small Steps


Small Steps
(48,074語 YL:5.5)

更生施設から出てきたArmpitは、配管工の仕事をしながら学校に通い、少しずつ生活を改善しようとしていた。その時、友人のX-Rayが、人気シンガーのコンサートチケット転売でボロ儲けを企み、Armpitにも協力をもちかける。しぶしぶながらも転売に加担したArmpitだったが、そのチケットが彼の人生を思わぬ方向に向かわせることになる…。

ルイス・サッカーのHolesの続編です。地道で穏やかに生きようとする少年の、ドラマチック過ぎる人生のイベントを描きます。主人公のArmpitは自分から動くというよりも、周りの状況に流されているだけかもしれませんが、とりあえずしっかり地に足をつけて進んでいこうという彼の姿勢は素晴らしいです。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.20

Harry Potter and the Cursed Child - Parts One & Two (Special Rehearsal Edition)


Harry Potter and the Cursed Child
(40,000語 YL:5.0)

ハリーポッターの仲間達と、その子供の世代のストーリーです。小説ではなく、舞台演劇作品のスクリプトです。

ネタバレが怖いので感想が書きづらい作品ですが…、個人的には、物語が完結して、もう再び会うことは無いと思っていた登場人物達に再び会えたことだけでもう嬉しかったですね。「またこの世界に帰ってこれた!」という感じ。彼らの立ち位置が学生時代とは少しずつ違っているのもまた面白いですね。ロンとハーマイオニのボケとツッコミ加減は相変わらずという気もしないでもないですが(笑)。

物語の焦点はやっぱり"Cursed child"とは誰のことかということですね。何人もの子供が自分の運命に苦悩していますが、それは成人したハリーも同じですね。本編以上に、世代にまたがる人間ドラマに注力が置かれているように感じます。

気になるのは、当然超自然的な魔法が使われるシーンがいくつも出てくるのですが、CG無しの舞台でどうやって表現するんでしょうかね?機会があったら舞台も見たいけど、チケットなんか絶対取れないんだろうなぁ。

評価:★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.24

The Lion, the Witch and the Wardrobe (再々読)

洋書
The Lion, the Witch and the Wardrobe

(36,135語 YL:5.0)

ナルニア国物語の1巻。読むのは今回が3回目なので、わりとサクサク読めていきました。ストーリーも分かりやすいし、子供向け英国ファンタジー入門にはいい本ですね。それでも植物の名前とか、TOEICには絶対出てこない単語なんかがいっぱい出てきますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.04

The Wonderful Wizard of Oz


The Wonderful Wizard of Oz
(42,000語 YL:6.0)

カンザスに住んでいたDorothyは、竜巻で家ごと空に飛ばされてしまい、降り立ったところは不思議な国だった。彼女はカンザスに戻る方法を見つけるために、「オズの魔法使い」に会いに行く。道中、脳みそが欲しいカカシ、心が欲しいブリキ男、そして勇気が欲しい臆病なライオンに出合う。彼らも欲しいものを求めて魔法使いのもとに向かうのだが…。

ご存じ「オズの魔法使い」です。有名な話だけどあらためて読んでみると、結構なバイオレンス作品ですね。目的達成を妨げようとする魔女の刺客達を容赦なく退治し、Dorothy御一行の歩く後には死屍累々というイメージです。鬼退治の桃太郎も真っ青という感じ。でもミュージカルのWickedを見ちゃった後では、どうしてもDorothyよりも西の魔女に同情してしまうなぁ。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.23

Wonder


Wonder
(73,053語 YL:5.5)

病気で生まれつき醜いAugustは学校に行かずに自宅で勉強していたが、5年生として初めて学校に行くことになった。周囲から驚かれ、疎まれる中で、少しずつ友達もできてきた。しかし親友だと思っていたJackに陰口を言われているのを聞いてしまし、Augustは大きなショックを受けてしまう…。

先天的に醜い一人の少年の学校生活を描いた物語です。容姿だとか、他人にどう思われているだとか、友達が多いとか人気があるだとか、そういうことに非常に敏感な10代前半の子供達の様子をよく描いています。どうしても目立ってしまうAugustの存在は、周囲の子供達にもいろんな感情を引き起こします。「Augustは付き合ってみるとなかなか面白い奴」ということを見抜けた子供達は、だんだんと彼の友達になっていきます。ありきたりではありますが、人を見た目で判断せずに、その人の行動とか気持ちとかに目を向けることの大切さを教えてくれます。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.25

Ice Shock (The Joshua Files 2)


Ice Shock
(75,924語 YL:7.0)

謎のブレスレットを持って失踪し、そして死亡したと伝えられる父のことを調査し続けるJoshua。その父の足跡をたどるうちに、敵に捕らえられてしまう。そこでJoshuaは人類の存亡に関わる恐ろしい陰謀を知る。2012年に世界が終わる---予言されたその未来をJoshuaは阻止できるのか?そして、ブレスレットが持つ力とは一体…?

Josuha Fileの第2巻です。謎が謎を呼ぶ展開は相変わらずで、スリリングではあるけども、ちょっと行き当たりばったり感が否めません。今回は、Joshuaを狙う敵Simon Madison の執拗なまでの追跡が見所ですね。ストーカーばりにどこまでも追ってきます。また、彼とその仲間の目的などが少し分かってきます。1巻同様、ハラハラな場面は多いです。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.29

Invisible City (The Joshua Files 1)


Invisible City
(76,962語 YL:7.0)

オックスフォードに住む少年Joshuaのもとに、悲報が届いた。考古学者である彼の父が、メキシコで飛行機事故で亡くなったという。しかしその後もJoshaの家や父の研究室が荒らされるなど、謎の事件が続いた。真相を調べるべくメキシコに向かったJoshaであったが、彼がそこで見つけたのは、彼自身に隠された秘密であった…。

古代文明を舞台にしたアドベンチャーです。秘密の文明、ハイテクマシーン、諜報機関の陰謀、父親の死や自分自身の謎、カーチェイスや格闘シーンなど、児童書的ワクワク要素てんこ盛りですね。展開が行き当たりばったりなところもあり、プロットは緻密とは言えないかもしれませんが、ジェットコースターのように流れを楽しむのがよいのでしょうね。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧