2018.08.24

Demon Apocalypse
(The Demonata: Vol.6)


Demon Apocalypse
(50,849語 YL:5.5)

飛行中の旅客機の中で突如Lord Loss達の襲撃を受けたGrubbs。彼は何とか悪魔達の攻撃を振り払い、BeranabusとKernelと合流する。しかし、異世界からやってきた悪魔達の攻撃は止まらず、大きな犠牲が出てしまう。壊滅的な敗北が避けられない状況であったが、そこで信じられない奇跡が起きる…。

Demonataシリーズの第6巻です。シリーズの最初の方では、戦闘とチェスが組み合わさって独特のテイストを醸し出していたのですが、段々チェスとかどうでも良くなってきて、普通のスプラッターホラーになってきているのが少し残念ですね。魔法の力で何でもアリ的な状態になっているので、ちょっと御都合主義的展開が目立つのも気になります。次作以降に期待といったところでしょうか。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.20

Blood Beast
(The Demonata: Vol.5)


Blood Beast
(54,172語 YL:5.5)

Grubbsの家系は呪われていた。これまで何人もが凶暴な狼人間に変身し、命を落としてきた。そしてついにGrubbs自身にも変身の兆しが表れてきた。そして保護者のDarvishは、Grubbsが狼人間になってしまった時のために、Lambsという処刑部隊を準備していた。このままGrubbsは人間の心を失った獣になってしまうのか…?

Demonataシリーズの第5巻です。これまでは悪魔Lord Lossと人間の戦いがメインでしたが、今回は主人公Grubbsの中に潜む「獣の血」との内なる戦いになります。これまでの物語に比べて、フィジカルな戦闘シーンや場面転換が少ないので、少し刺激に欠ける部分はありますね。伏線のようなものはいっぱい張ってありそうなので、次巻へのつなぎの物語といったところでしょうか。

評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.30

Bec (再読)
(The Demonata: Vol.4)


Bec
(61,933語 YL:6.0)

Demonataシリーズ第4巻を再読。男臭いダレン・シャンの作品の中で、珍しく女の子が主役。1600年前のキリスト教普及が進むアイルランドが舞台。旅の真の目的がなかなか明らかにされず、ちょっと謎めいた感じで話が進む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.18

Slawter (再読)
(The Demonata: Vol.3)


Slawter
(57,174語 YL:5.0)

Demonata第3巻を再読。ホラー映画撮影現場で起こる悪魔による殺戮の数々。でもこの作品で描いているのは、どちらかというと人間の恐ろしさの方かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.15

Demon Thief
(The Demonata: Vol.2)(再読)


Demon Thief
(62,081語 YL:5.0)

Demonataシリーズの第2巻を再読。魔物にさらわれた弟を救うべく、様々な異世界を渡り歩く少年Kernelの物語。Lord Lossとの対決は、第1巻ではチェスでしたが、今回は鬼ごっこなテイスト。魔力で空を飛んだり、傷を治したり、なんでもありすぎる展開が気持ちいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.12

Lord Loss
(The Demonata: Vol.1) (再々読)


Lord Loss
(43,545語 YL:4.5)

Demonata第1巻を再々読。悪魔との変則タッグ戦闘チェス。登場人物が妙に形式ばっていたり、独自の面倒くさいルールがたくさんあるのが、ダレンシャンの作品っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.23

Brothers to the Death
(The Saga of Larten Crepsley, Book 4)


Brothers to the Death
(45,773語 YL:5.0)

第二次世界大戦中、ヴァンパイアの力を戦争に利用しようとするナチス。彼らを欺くためにLartenは旅を続けるが、その任務の間に愛するAliciaがVampanizeに殺されてしまう。復讐に燃えるLartenは、Vampanizeの殲滅のためにヴァンパイア一族を扇動するのだが…。

The Saga of Larten Crepsleyの最終巻です。数百年にわたり、つかの間の幸せと多くの悲痛な悲しみを味わってきたLartenが、Cirque Du Freakに戻り、Darren Shan本編へと続くまでの物語です。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.13

Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3) (再読)


Palace of the Damned
(43,135語 YL:5.0)

The Saga of Larten Crepsleyの第3巻を再読。パリに移り住んで、愛する女性との一時の幸せに包まれるLarten。しかしヴァンパイアの彼にそんな幸せは長くは続かない。人間とヴァンパイアの出会いと別れ、そして数々の苦悩を描いた一作。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.06

Ocean of Blood
(The Saga of Larten Crepsley, Book 2)(再読)


Ocean of Blood
(43,675語 YL:6.0)

The Saga of Larten Crepsley第2巻を再読。自分の進むべき道を見つけられずに彷徨う若きCrepsleyを描く。本編のバックストーリーなので、やはり本編に比べると面白みに欠けるかな。迷い続けるCrepsleyとともに、かなり行き当たりばったりな展開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.18

Palace of the Damned
(The Saga of Larten Crepsley, Book 3)


Palace of the Damned
(43,135語 YL:5.0)

船上の船員達を皆殺しにし、たった一人残った赤ん坊を抱いてグリーンランドに降り立ったCrepsley。極寒の大地を彷徨い、何者かに導かれるようにたどり着いたところは、伝説のヴァンパイアの墓であった。そこでクレバスに落ちそうになったCrepsleyを助けたのは、Desmond Tiny。彼はヴァンパイア達の運命を弄んでいるのか…?

The Saga of Larten Crepsleyの第3巻です。Larten Crepsleyは今回もいろんなところをさまよいます。場面がころころ変わって面白いですし、彼の惚れっぽいところがすごく出てますね。前巻ではMalora、そしてこの巻ではArraとAlicia。男臭さ全開のダレンシャン本編に比べ、恋愛がクローズアップされているような気がします。まだお子ちゃまなDarrenが主人公の本編と違い、オトナの魅力で読者をひきつけるLartenといったところでしょうか。本編の方でも重要な登場人物であるGavnerやKurdaの若かりし頃が見られるのも、本編のファンとしては嬉しいところです。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)